ETCカード申し込みは簡単なの?年会費無料はお得?

クラッシックカードでは得られないステータスがゴールドには与えられていて通常会員が利用できないサービスを受けることができます。

申し込みには勤務先の規模や経営状況など厳しい審査がありましたが近年、ブラックカードなどの登場で、条件が緩くなってきました。

この会員が享受できる特典はいろいろありますが、一例としては劇場などのチケットの手配、専用の会報誌の提供などがあります。

年間の会費無料なものもありますが、こちらは既存の会員の中から一定の利用条件を満たした人だけが企業側から「お誘い」を受けるシステムなので、会員側からアクションを起こすことはできません。

更に一定の利用金額で年会費が無料になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクシティゴールドカードでは年間30万円の決済で適用されます。

金銭的に乏しいときに持っているとめちゃくちゃべんり♪なETCカードつきのクレジットカードは数多くのカード会社があるのでカードをどの会社の物にしようか迷うという方も多いでしょう。

迷っている時に参考になる(もしカーオーナーであれば)ETCつきクレカの選び方はカードの年会費・金利に注目することです。

年会費がかかるカードを作りたくない場合は年会費は無料というETCカードつきのクレジットカードを。

ETCつきクレカのキャッシングも利用したい人はキャッシング時の金利が低いカードがお勧めです。

1枚あるととても便利なETCつきクレカの審査は他のローン審査と比べると簡単に済むケースが多く大部分のETCつきクレカ会社がインターネットから24時間365日申し込みが出来ます。

何か過去にローントラブルが無ければそんなに難しい申し込みではなく、比較的簡単な方法で短時間で審査が終わる場合が多く審査に通ったら、1週間ほどでカードが本人宛に届きます。

肝心なときに限ってトラブルが起きる方っていますよねというのもこの前高速を利用しようと思ったら家に帰ってから改めて部屋の中を探しても見つからず気づかぬうちに失くしてしまったようです。

急なトラブルについ焦ってしまいました。

まず最初にカード会社に紛失の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに連絡をしたところそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行手数料はかかってしまいますが連絡をしてから10日くらいで再発行された新しいカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

皆さんはクレジットカードの利用額はどうやって管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ですよね。

個人事業主でプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細を集める必要があります。

これはETCカードでも同じことが言えます。

クレカでは1枚につき各カード会社のHPで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という1つのサイトで過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に問い合わせをしなければレンタカー会社へ情報確認をしないと照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところあまり知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器がなくてもETCカードは利用可能ということです。

車載器が壊れてしまった時などの場合、ETC専用レーンではなく一般レーンを使い係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

係員に手渡しで利用する場合、ETCが導入された理由として人件費削減や渋滞を起きにくくするという目的が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため支払額に応じての通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや様々なETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんも車載器がついている場合はぜひETCで通行しましょう。

ガソリンを給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを持っていなかったので作ろうと思い調べていたところカードを発行する会社によってガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時のポイント還元率が2倍になるなどの特典がつくお得なカードもあるようです。

楽天カードを例にすると、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイント付与が2倍になり貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路を使う方は給油時の特典があるカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに異なるので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを保有するのが不安でETCカードだけ作りたいという方も少なからずいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレカは作りたくないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジットを預ければ誰でも作ることができ、平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として預け入れなければ使用できません。

そのため、補償金を預けることさえ可能ならば何らかの事情があってクレカを作れない、作りたくない方にも発行されます。

クレカを持っている方との特に大きい違いがこの点です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

高速道路の料金所で止まらずに通過できて便利なETCカードですが少し不明な部分があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式」とカードリーダーとアンテナが別れた「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少なく済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、ETC通信の誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、駐車中に車載器を盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2ヶ所に増えるデメリットがあります。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言うアドバイスを聞くことがあります。

学生にクレカはまだ早いんじゃない?と感じる方もいると思いますが学生はクレカ申込時の審査において優遇されているので審査の厳しくなる社会人になる前に申し込みをしましょう。

ということなんですまた、審査基準が緩く設定されている以外にもポイント還元率のアップやある年齢(例えば26歳)まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車に乗られる方はETCカードの申し込みも同時に申請しておきましょう。

参考:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

ネットショッピングなどでクレカを利用・滞納せずに返済することでカード会社が利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

大学生になったのを機に車の免許を取ったという方もいると思います。

夏休みに友達とキャンプなど遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方の種類を解説します。

カードの入手方法は大きく2つに分類されます。

クレカ会社で申し込み、発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレカタイプの場合は申し込みと同時に発行、すでにクレカを持っている場合は各カードのサイト上で追加申し込みで手続き完了なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要がありますETCカードを作っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを所持していなく銀行のキャッシュカードしか持っていない場合はクレカを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている場合はそのまま発行手続きができます。

なぜ銀行のキャッシュカード機能のみだとダメかというとETCのゲートを通過するときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落とす方式になっていると何らかの理由で偶然口座にお金がなかった場合に料金所出口で通過ができなくなってしまうからです。

買い物などの様々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードを使って高速道路を利用しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例として楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて還元されますがETC利用でも同様にポイントが付与されます。

還元率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、大半はETC使用時では付与率が減少していることが多いようです。

他にも、数は少ないですがポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用する方はこういった面から選ぶのもいいかもしれません。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調査では平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

利用率が高さの要因を調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できることや休日割引などの料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると一般レーンでの現金支払い料金が3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカ会社次第ではガソリン給油割引がついているカードもあります。